バージョン1.1.0に更新しました

GeoNLP ソフトウェアのバージョンを1.1.0に更新しました。

主な変更点は以下の通りです。

  1. 辞書管理ユーティリティ」を同梱しました。GeoNLPサイト上にアップロードされている辞書をローカルサーバにダウンロードしたり、独自辞書(CSV形式)をインポートすることができます。
  2. 分布情報保持サーバ機能を追加しました。選択される地名の地理的範囲や重みを外部サーバで制御できます。

最新バージョンは以下の URL からダウンロード可能です。
https://geonlp.ex.nii.ac.jp/docs/developers/software/download.html

LODチャレンジ2013で基盤技術部門最優秀賞を受賞しました

2014年3月7日に、Linked Open Data チャレンジ Japan 2013 受賞結果発表がありました。そして、厳正な審査の結果、GeoNLPは基盤技術部門の最優秀賞を受賞しました。

これで、昨年のGeoアクティビティフェスタに次ぎ、GeoNLPとしては2回目の受賞となります。

また、授賞式の前に行われたデモにも、多くの方にご来場いただき、GeoNLPに対する関心と期待の大きさを感じました。期待に応えるには不十分な面も多々ありますが、逆に言えばGeoNLPは我々のような小さなグループだけで完成させるのは難しいプロジェクトでもあり、みんなで作り上げるオープンなプラットフォームに成長させていきたいという思いを強くしました。

さて、GeoNLPは、2010年前半に研究を開始して以来4年ほど続けているプロジェクトですが、この期間中に発生した最大のイベントといえば、何といっても東日本大震災です。この地震が発生したのは、研究を開始して1年ほど、最初のバージョンが動いていた時期でした。そもそもGeoNLPは、デジタル台風TVという構想の中で、緊急時にテキスト情報を自動的に整理するための要素技術として開始したプロジェクトなので、東日本大震災はまさにGeoNLPの「出番」といえる状況でした。ところが、当時のバージョンは実戦で使えるほどには洗練されておらず、結局のところ出番を作ることはできませんでした。このことが悔しさとして後に残りました。

東日本大震災の直後(2011年3月28日)に書いたブログ記事では、実戦で使えなかったGeoNLPの開発を「今後の課題」と書きました。それ以来、震災のような状況でも使えるレベルのツールにする、というのが目標の一つの目安となっています。またブログ記事では、GeoNLPを「予定を前倒しして早急にリリースしたい」とも書きましたが、実際にリリースできたのは2013年9月。予定よりもずいぶん長くかかりましたが、目標に向けて着実に前進中であるとは感じています。

そして、今日2014年3月11日、東日本大震災3周年の日を迎えました。いま、あのような震災が起きたら、今度こそGeoNLPに出番はあるのでしょうか。少なくとも、3年前よりずっと実用性は向上したと言えます。しかしながら、信頼できる結果を出す(専門用語で言えばprecisionを上げる)にはまだまだ工夫が必要で、自信を持って「任せとけ」と断言できるレベルにはまだ達していません。

ただ、GeoNLPはそもそも基盤技術ですので、このツールだけで処理が完結することはありません。震災のような混乱した状況では、機械と人間が協調しながら情報を整理するためのツール群、およびそれらを連携させるプラットフォームこそが重要です。例えばGeoNLPでフィルタリングした結果を、Ushahidi上で情報ボランティアがチェックし、さらにそれを行政や報道が精査するなど、多くの機関が即興的に役割分担を形成していく仕組みを作っていかねばなりません。もちろん、その仕組みの一部としては、LODチャレンジの主題でもあるLinked Open Dataの活用も有力な候補です。

次の災害はいずれやってきます。その時に備えて、GeoNLPと他のツールが協調するための仕組みを作っておくことも重要な課題だと、LODチャレンジ2013に参加することで改めて痛感しました。

バージョン1.0.7に更新しました

GeoNLP ソフトウェアのバージョンを1.0.7に更新しました。

主な変更点は以下の通りです。

  1. configure 時にジオコーダ連携を指定できるようにしました。
  2. ジオコーダで住所解析した結果が正しくないことがある不具合を修正しました。
  3. geonlp_maの出力フォーマットをCaboCha layer1 に合わせ、係り受け解析できるようにしました。

最新バージョンは以下の URL からダウンロード可能です。
https://geonlp.ex.nii.ac.jp/docs/developers/software/download.html

バージョン1.0.6に更新しました

GeoNLP ソフトウェアのバージョンを1.0.6に更新しました。

主な変更点は以下の通りです。

  1. 同綴地名が複数存在し、他の地名語との関連だけでは判断できない場合に、他の地名語との空間的な距離が近い方を選択するロジックを追加しました。
  2. ジオコーダを利用時に同綴住所が存在する場合、他の地名語との空間的な距離が近い方を選択するロジックを追加しました。
  3. リクエストに改行コードが含まれると、処理中に欠落してしまう不具合を修正しました。

最新バージョンは以下の URL からダウンロード可能です。
https://geonlp.ex.nii.ac.jp/docs/developers/software/download.html

Geoアクティビティフェスタで奨励賞を受賞しました

2013年11月14日から16日まで、GeoNLPはGeoアクティビティフェスタに出展しました。

そして、審査委員および来場者の投票結果を踏まえた審議の結果、GeoNLPは「奨励賞」を受賞することになりました。ありがとうございます。その他の作品も含め、受賞作品一覧をご覧ください。

3日間の長丁場でしたが、多くの人にブースにお越し頂き有益な意見交換ができました。また多くの指摘や要望を受け、改善の余地がまだまだ大きいことを痛感しました。特に多く受けた質問は「GeoNLPは何に使えるのでしょうか?」という質問でした。確かに今回の展示は技術(シーズ)寄りでしたので、活用(ニーズ)はイメージしにくかったかもしれません。今後は活用についても想像できるようにプレゼンする必要がありますね。

さて、フェスタでも繰り返し説明した点ですが、GeoNLPの特徴は「オープンなプラットフォーム」です。そしてオープンなプラットフォームの活用により、GeoNLPが担う「地名情報処理」というレイヤを競争領域から協調領域に変えていきたいと考えています。

地名情報処理は、過去にも多くのプロジェクトが挑んでは実用化(商用化)に至らないという歴史を繰り返してきた複雑度の高い問題です。また地名情報処理の基盤となる地名データベースの構築も、維持と更新に多大なコストを要するという厄介な問題です。このように苦労が多い領域では、同じような作業を多くのグループが重複して進めるよりは、多くのグループが協力し合って成果物を共有する方が良いのではないでしょうか?そうした協調領域の上にサービスを競い合う競争領域を設定し、そこでサービスの優位性を競い合えるような世界になればいい。

GeoNLPのオープンソースとオープンデータは、そんな世界のエコシステムを実現する基盤になると思います。まだリリース後の初期段階ではありますが、ひとまず使ってみてフィードバックをお寄せ下さい。そして可能であれば、ぜひオープンソースとオープンデータの改善にもご協力をお願いします。

バージョン1.0.5に更新しました

GeoNLP ソフトウェアのバージョンを1.0.5に更新しました。

主な変更点は以下の通りです。

  1. 住所ジオコーダ DAMSを利用した住所文字列の抽出とジオコーディング機能を追加しました。

最新バージョンは以下の URL からダウンロード可能です。
https://geonlp.ex.nii.ac.jp/docs/developers/software/download.html

バージョン1.0.4に更新しました

GeoNLPソフトウェアのバージョンを1.0.4に更新しました。

主な変更点は以下の通りです。

  1. 同じ綴りの地名が複数存在する場合に、前後に出現する他の地名との関係を利用して、最も適切と思われる地名を選択する処理(地名解決)のロジックを改良しました。

最新バージョンは以下の URL からダウンロード可能です。
https://geonlp.ex.nii.ac.jp/docs/developers/software/download.html

バージョン1.0.3に更新しました

GeoNLPソフトウェアのバージョンを1.0.3に更新しました。

主な変更点は以下の通りです。

  1. debian 7.1で、パッケージインストールしたMeCab辞書の自動判別機能を追加し、debian 7.1 上で動作を確認しました。
  2. libtool 1.2 でコンパイル時にエラーが発生していた問題を修正しました。
  3. PHP5.4以降でPHP拡張ライブラリのコンパイルに失敗していた問題に対し、phpizeが生成するコードに問題があると思われるため、応急処置としてパッチを作成しました。詳細は PHP API リファレンスをご参照ください。

最新バージョンは以下の URL からダウンロード可能です。
https://geonlp.ex.nii.ac.jp/docs/developers/software/download.html

バージョン1.0.2に更新しました

GeoNLPソフトウェアのバージョンを1.0.2に更新しました。

主な変更点は以下の通りです。

  1. configure時にsqlite3ライブラリがインストールされていないと、エラー終了するようにチェックを追加しました。
  2. debian 7.1でコンパイルが通るよう、configureが生成するMakefileに必要なライブラリを追加しました。ただし、aptitudeでインストールしたMeCab辞書の自動判別に失敗する問題は未解決で、現在対応作業中です。

最新バージョンは以下の URL からダウンロード可能です。
https://geonlp.ex.nii.ac.jp/docs/developers/software/download.html

バージョン1.0.1に更新しました

GeoNLPソフトウェアのバージョンを1.0.1に更新しました。

主な変更点は以下の通りです。

  1. インストール前、インストール後に動作確認を行う make test-preinstall, test-postinstall を手順に追加しました
  2. geonlp_add, geonlp_api などのコマンドラインプログラムに –version オプションを追加しました。インストールしたGeoNLPソフトウェアのバージョンを知りたい場合には geonlp_api –version を実行してください。

最新バージョンは以下の URL からダウンロード可能です。
https://geonlp.ex.nii.ac.jp/docs/developers/software/download.html