LODチャレンジ2013で基盤技術部門最優秀賞を受賞しました

2014年3月7日に、Linked Open Data チャレンジ Japan 2013 受賞結果発表がありました。そして、厳正な審査の結果、GeoNLPは基盤技術部門の最優秀賞を受賞しました。

これで、昨年のGeoアクティビティフェスタに次ぎ、GeoNLPとしては2回目の受賞となります。

また、授賞式の前に行われたデモにも、多くの方にご来場いただき、GeoNLPに対する関心と期待の大きさを感じました。期待に応えるには不十分な面も多々ありますが、逆に言えばGeoNLPは我々のような小さなグループだけで完成させるのは難しいプロジェクトでもあり、みんなで作り上げるオープンなプラットフォームに成長させていきたいという思いを強くしました。

さて、GeoNLPは、2010年前半に研究を開始して以来4年ほど続けているプロジェクトですが、この期間中に発生した最大のイベントといえば、何といっても東日本大震災です。この地震が発生したのは、研究を開始して1年ほど、最初のバージョンが動いていた時期でした。そもそもGeoNLPは、デジタル台風TVという構想の中で、緊急時にテキスト情報を自動的に整理するための要素技術として開始したプロジェクトなので、東日本大震災はまさにGeoNLPの「出番」といえる状況でした。ところが、当時のバージョンは実戦で使えるほどには洗練されておらず、結局のところ出番を作ることはできませんでした。このことが悔しさとして後に残りました。

東日本大震災の直後(2011年3月28日)に書いたブログ記事では、実戦で使えなかったGeoNLPの開発を「今後の課題」と書きました。それ以来、震災のような状況でも使えるレベルのツールにする、というのが目標の一つの目安となっています。またブログ記事では、GeoNLPを「予定を前倒しして早急にリリースしたい」とも書きましたが、実際にリリースできたのは2013年9月。予定よりもずいぶん長くかかりましたが、目標に向けて着実に前進中であるとは感じています。

そして、今日2014年3月11日、東日本大震災3周年の日を迎えました。いま、あのような震災が起きたら、今度こそGeoNLPに出番はあるのでしょうか。少なくとも、3年前よりずっと実用性は向上したと言えます。しかしながら、信頼できる結果を出す(専門用語で言えばprecisionを上げる)にはまだまだ工夫が必要で、自信を持って「任せとけ」と断言できるレベルにはまだ達していません。

ただ、GeoNLPはそもそも基盤技術ですので、このツールだけで処理が完結することはありません。震災のような混乱した状況では、機械と人間が協調しながら情報を整理するためのツール群、およびそれらを連携させるプラットフォームこそが重要です。例えばGeoNLPでフィルタリングした結果を、Ushahidi上で情報ボランティアがチェックし、さらにそれを行政や報道が精査するなど、多くの機関が即興的に役割分担を形成していく仕組みを作っていかねばなりません。もちろん、その仕組みの一部としては、LODチャレンジの主題でもあるLinked Open Dataの活用も有力な候補です。

次の災害はいずれやってきます。その時に備えて、GeoNLPと他のツールが協調するための仕組みを作っておくことも重要な課題だと、LODチャレンジ2013に参加することで改めて痛感しました。