月別アーカイブ: 2013年9月

バージョン1.0.3に更新しました

GeoNLPソフトウェアのバージョンを1.0.3に更新しました。

主な変更点は以下の通りです。

  1. debian 7.1で、パッケージインストールしたMeCab辞書の自動判別機能を追加し、debian 7.1 上で動作を確認しました。
  2. libtool 1.2 でコンパイル時にエラーが発生していた問題を修正しました。
  3. PHP5.4以降でPHP拡張ライブラリのコンパイルに失敗していた問題に対し、phpizeが生成するコードに問題があると思われるため、応急処置としてパッチを作成しました。詳細は PHP API リファレンスをご参照ください。

最新バージョンは以下の URL からダウンロード可能です。
https://geonlp.ex.nii.ac.jp/docs/developers/software/download.html

バージョン1.0.2に更新しました

GeoNLPソフトウェアのバージョンを1.0.2に更新しました。

主な変更点は以下の通りです。

  1. configure時にsqlite3ライブラリがインストールされていないと、エラー終了するようにチェックを追加しました。
  2. debian 7.1でコンパイルが通るよう、configureが生成するMakefileに必要なライブラリを追加しました。ただし、aptitudeでインストールしたMeCab辞書の自動判別に失敗する問題は未解決で、現在対応作業中です。

最新バージョンは以下の URL からダウンロード可能です。
https://geonlp.ex.nii.ac.jp/docs/developers/software/download.html

バージョン1.0.1に更新しました

GeoNLPソフトウェアのバージョンを1.0.1に更新しました。

主な変更点は以下の通りです。

  1. インストール前、インストール後に動作確認を行う make test-preinstall, test-postinstall を手順に追加しました
  2. geonlp_add, geonlp_api などのコマンドラインプログラムに –version オプションを追加しました。インストールしたGeoNLPソフトウェアのバージョンを知りたい場合には geonlp_api –version を実行してください。

最新バージョンは以下の URL からダウンロード可能です。
https://geonlp.ex.nii.ac.jp/docs/developers/software/download.html

GeoNLP を公開しました

地名情報処理システムGeoNLPが本日、ようやく公開となりました!

GeoNLPの目的は、文章から地名を抜き出して自動的に地図化することです。ニュース記事やソーシャルメディアなど、緯度経度がついていない文章を解析し、地図上に地名を表示できるようなソフトウェアを実現するために、3種類のソフトウェアを開発しました。

まず、GeoNLPソフトウェア、これが文章を解析するソフトウェア本体です。これはオープンソースとして配布しますので、これをダウンロード&インストールすれば、誰でも地名解析を簡単に実行できます。ただし、このソフトウェアは地名辞書を使って解析するタイプのソフトウェアです。充実した地名辞書がなければ、いろいろな地名を抜き出すことができません。

そこで、GeoNLPデータ、すなわち地名辞書をみんなで作って共有するサイトを用意しました。ここに地名辞書をアップロードすると、地名辞書をみんなで共有できるだけでなく、ここからダウンロードした辞書をGeoNLPソフトウェアで使えるようにすれば、より多くの地名を解析できるようになります。つまり、地名に関するオープンデータを増やしていけば、GeoNLPの性能も向上していくことになります。

最後に、GeoNLPサービスは、システムインストールなどの高いハードルを越えなくても済むように、GeoNLPの機能をお手軽に試すためのサービスとして用意したものです。まずはこちらでお試しして、気に入ったらダウンロード&インストールして下さい。

このようにGeoNLPのコンセプトは「オープンな地名情報処理基盤」、つまりオープンソースとオープンデータに基づく地名情報処理の発展を目指すものです。オープンソールの面からソフトウェアの改良に取り組むのも、オープンデータの面からデータの充実に取り組むのも、どちらも歓迎です。

ご興味のある方はぜひお問い合わせをお使いください。また、メーリングリストとして、Google GroupsにGeoNLPを用意しています。ぜひご利用ください。

最後に、GeoNLPをLinked Open Dataとして利用するためのエンドポイントとなるGeoLODも同時公開です。こちらは日本語DBpediaとのリンクもしていますので、ご興味のある方はご利用ください。

GeoNLPは公開したと言っても、まだまだ成熟レベルには達していないソフトウェアです。これを成熟レベルにまで持っていくため、ぜひ皆様のご協力をよろしくお願いします!