parse

説明

parse は自然言語文を解析し、地名語を抽出した結果を返すジオパース処理を行う。

文法

object geonlp.parse (string sentence [, object options])

object geonlp.parse (string[] sentences [, object options])

リクエストパラメータ

sentence
  • 変換したいテキスト
  • 長さの上限なし
sentences
  • 変換したいテキストの配列
  • 要素の長さ、要素数の上限なし
  • それぞれの要素は独立したテキストの集合として解析され、地名解決に影響しない
  • parse を繰り返し呼び出す代わりにまとめて処理するために用いる
options
  • 利用する辞書の指定など、処理のオプションを設定する
  • オプションの詳細は parse オプション を参照

リクエストの例

{
  "method": "geonlp.parse",
  "params":
    [
      "NIIは千代田区一ツ橋2-1-2にあります。神保町から徒歩3分。",
      { "geocoding":true, "threshold":0 }
    ],
  "id": "1"
}

レスポンス

処理結果の構造化テキストを返す。

レスポンスの形式は、 parse オプション の “geojson” が true にセットされている場合は parse レスポンス(FeatureCollection形式) を、未指定または false がセットされている場合は parse レスポンス(配列形式) に従う。