pygeonlp.api.linker module

class pygeonlp.api.linker.LinkedResults(lattice)

ベースクラス: object

ラティス表現からパス表現の候補を 次々に出力するイテレータを作成します。

サンプル

>>> import pygeonlp.api as api
>>> from pygeonlp.api.linker import LinkedResults
>>> api.init()
>>> for lr in LinkedResults(api.analyze('国会議事堂前まで歩きました。')):
...     [x.simple() for x in lr]
["国会議事堂前(GEOWORD:['東京地下鉄', '4号線丸ノ内線'])", 'まで(NORMAL)', '歩き(NORMAL)', 'まし(NORMAL)', 'た(NORMAL)', '。(NORMAL)']
["国会議事堂前(GEOWORD:['東京地下鉄', '9号線千代田線'])", 'まで(NORMAL)', '歩き(NORMAL)', 'まし(NORMAL)', 'た(NORMAL)', '。(NORMAL)']
counter()

カウンターを返します。

get_result()

カウンターが示している候補リストを返します。 カウンターは次に進めません。

increment_counter()

カウンターを次に進めます。

reset_counter()

カウンターを初期化します。