インストール手順 (Ubuntu 18)

ここでは Ubuntu に pygeonlp をインストールする手順の例を示します。 動作確認済みのバージョンは 18.04.5 LTS です。

事前に必要なもの

pygeonlp は日本語形態素解析に MeCab C++ ライブラリと UTF8 の辞書を利用します。 また、 C++ 実装部分が Boost C++ に依存します。

Ubuntu 18 の場合には以下のコマンドでインストールできます。

$ sudo apt install libmecab-dev mecab-ipadic-utf8 libboost-all-dev

python, pip の準備

Ubuntu 18 の python3 は 3.6.9 のため、 pygeonlp に対応しています。

他のモジュールとの依存関係などで問題が起こる可能性があるので、 なるべく pyenv, venv 等を利用して Python 3.8 以降の 環境を用意することをお勧めします。

OS デフォルトの python を利用する場合

まだ pip3 をインストールしていない場合はインストールしてください。

$ sudo apt install python3-pip

以降の説明の pythonpython3 に、 pippip3 に 読み換えてください。

パッケージをシステムレベルでインストールするには、 sudo が必要です。

$ sudo pip3 install <package>

ユーザレベルでインストールするには、 --user オプションを付けてください。

$ pip3 install <package> --user

Pyenv を利用する場合

pyenv のインストール方法は pyenv githubBasic GitHub Checkout の手順に 従ってください。

パッケージは pyenv 環境内にインストールされます。

pygeonlp のインストール

pygeonlp パッケージは pip でインストールできます。

$ pip install pygeonlp

pip や setuptools が古いとエラーが発生する場合があります。 その場合は pip と setuptools を最新バージョンにアップグレードしてから 実行してみてください。

$ pip install --upgrade pip setuptools

GDAL のインストール

この項目はオプションです。

pygeonlp は GDAL をインストールすると、 pygeonlp.api.spatial_filter module を利用することができます。

Ubuntu 18 の場合は以下の手順で libgdal と Python 用 gdal パッケージを インストールしてください。

$ sudo apt install libgdal-dev
$ pip install gdal

ただし libgdal と gdal パッケージのバージョンが一致している必要があります。 たとえば

$ apt search libgdal-dev
libgdal-dev/bionic,now 2.4.2+dfsg-1~bionic0 amd64

のように libgdal 2.4.2 がインストールされている場合は、 gdal も 2.4.2 を インストールしてください。

$ pip install gdal==2.4.2

GDAL が有効になっているかどうかは次の手順で確認してください。

$ python
>>> from pygeonlp.api.spatial_filter import GeoContainsFilter
>>> gcfilter = GeoContainsFilter({"type":"Polygon","coordinates":[[[139.43,35.54],[139.91,35.54],[139.91,35.83],[139.43,35.83],[139.43,35.54]]]})

GDAL がインストールされていない場合は from の行で、 正常に動作していない場合は gcfilter の行で例外が発生します。